知っておきたい!ネット誹謗中傷の予防法と対応策

礼儀作法の順守が重要

インターネットを使っている中で、誹謗中傷を受けることのないように、予防対策を行ないましょう。まず第一に、インターネットでは顔が見られない者の中で話を実施していくことになります。誰か確定できない状況で話を行っていると、押し問答になってしまうなどの問題が生じやすくなります。インターネットを通して問題が起こることで、相手サイドから騒がしく中傷されることになります。不必要な問題に巻き込まれたくないときには、礼儀作法を順守しながら話をするべきです。

プライベート情報を出さないことが大切

インターネット上に、制限なく最も大切な個人情報を書き入れてしまうと、誹謗中傷のターゲットとなります。住所そして名前、通学している学校などプライベート情報を記入し過ぎることで、大勢の方の意識を向けられることになります。とりわけ人目を引く行為をしてなければ安全と考えてしまいますが、様々な人が利用しているインターネットでは、どういうことが中傷の原因となるかわからないです。もし心配な方は、度を越してプライベート情報を出さないように留意しましょう。

削除申請は早めにしましょう

インターネット上で中傷をされたときには、できるだけ早く対策をしてみましょう。インターネットの掲示板は、中傷をされた方が申請することにより、プライベート情報を抹消してもらう事も、不可能ではありません。仮に住所などの情報そのものを、掲載されてしまった時には、大勢の人の目につかないうちに、削除を求めましょう。常識的な情報と関連付けて、削除申請をすれば、承認してもらえます。そして削除してもらえるようになるはずです。

逆SEO(リバースSEO)は、特定のウェブサイトのページを検索した時の順位を下げる方法のことを言います。