貰う人の誇りを考えて!大会に相応しいトロフィーのデザイン考案

貰う非人の性別や年齢・体格を考慮しているか

様々な大会やコンクルールに供されるトロフィー。それらのイベントの格付けにも必要不可欠なアイテムとなりますが、それらがいくら豪華であれ、その大会やコンクールに相応しいデザインで無ければ台無しとなってしまいますよね。先ず開かれる大会やコンクールを見て冷静にそれらのデザインを決定する事が大事でしょう。その為にも大会やコンクールの参加者層を把握する事は何より大事ですよね。参加者のメインとなる年齢層や性別、そして平均的な体格等を考慮して、彼等が貰った時に感じるトロフィーのサイズや重さ、手に持った時のフィット感を決めてゆくのがベストなのです。

下手に豪華になり過ぎていないか

大会やコンクールの格に応じてトロフィーのデザインを決めるというのもまた非常に大事な事でしょう。大会やコンクールの格から大きく外れた豪華過ぎる、あるいは貧相過ぎるトロフィーというのは貰っても戸惑うばかりで嬉しくありませんよね。また大会やコンクールの予算に応じて無理のない費用でトロフィー製作を行うのが理想的。トロフィーだけを豪華にしたところで大会やコンクールの格、そして知名度が上がる訳では無いという事を理解すべきでしょう。

いつまでも愛着と思い出を持ち続けられるかどうか

大会やコンクール参加者にとって、上位入賞の証ともなるトロフィーは貰うだけでなくインテリアとして飾る際にも大変嬉しいもの。これらが上位入賞者にとっていつまでも良き思い出となって残り、愛着を持ってもらう為にも、トロフィーのデザインはその大会やコンクールをひと目で示せなければなりませんよね。現在のトロフィー製作業者は依頼者の意向に深く沿ってデザインを決定してくれるもの。もし主催する大会やコンクールを長く歴史に残したいのであれば、トロフィーのデザインにも出来るだけ妥協する事無く製作したいものですね。

トロフィーを飾るなら、展示用の棚を購入するか自作するという方法が良いでしょう。棚は日曜大工で簡単に作ることが可能です。