ネット誹謗中傷に対抗出来るのか!専門業者の活用は有効

ネット誹謗中傷は広がる危険性

ネット誹謗中傷を受けるのは企業や有名人だけではなく、現在は一般の方でも情報発信が可能な時代になっていますから、一般の方も誹謗中傷のターゲットになりえる事は多々あります。関わりの無い第三者が確認出来る事からも、ネットで信憑性の無い意見でも刺激的であれば世界中に広がる事もあり、真偽は定かでない場合でも真実として広がるのは大きなリスクになるものです。場合によっては法的対処も必要であり、ネットの真偽も不明な書き込みは気にせずに無視するという対応は、リスクを増大させる事もあるでしょう。

まずは記録に残す誹謗中傷対策

誹謗中傷対策はまず記録に残す事が重要であり、言われも無い誹謗中傷はチェックする事自体が精神的にも辛い面もありますが、書き込み記録等の証拠を集めておく事は必須です。記録を取る事によって法的対処も可能になり、警察や専門家に相談する時の武器になりえますから、誹謗中傷に悩む場合は記録を取っていくと良いでしょう。サイトには管理人が存在しますから、サイトに書き込みがある場合は削除依頼を出す事も望ましく、それでも対応してもらえない時は専門の方に記録を提示して対応が良いです。

警察に相談する時の選択

ネット誹謗中傷に対応してくれる専門業者は沢山あり、現在のようなネット時代には企業だけではなく個人の相談も増加しています。ネット誹謗中傷対策は警察でも対応してもらえるのですが、近所の交番等では対処しきれない部分もあり、特に地方の交番等ではネットについてよく解っていない警察関係者の方が多いのも事実です。各都道府県の県庁所在地には警察本部がありますから、そこでサイバー犯罪相談窓口を活用して相談が望ましいでしょう。

インターネットの普及にともない、ネット上の誹謗中傷という問題が大きく表面化しています。顔が見えないことにより、ネット誹謗中傷する側の垣根が低く、本人と特定されにくいから余計でしょう。